[スペイン語]ニンニクがくっつくと軽蔑の意味になる?!接尾辞ajoのチカラ。

CATEGORY : Español, 電子辞書

TAG : , ,

スポンサード リンク

細々と続けたり休んだりしている「つまみ食い辞書マラソン」ですが、先日読んだ箇所が面白かったので、今日はそれを少し掘り下げてみようかと思います。

[スペイン語] 少しずつ読んでみたくなったので、名付けて「つまみ食い辞書マラソン」を始めてみた。

[スペイン語] 少しずつ読んでみたくなったので、名付けて「つまみ食い辞書マラソン」を始めてみた。


[つま辞書]「A」から始まる単語を細々と読む。接頭辞「a-」のひみつ

[つま辞書]「A」から始まる単語を細々と読む。接頭辞「a-」のひみつ

読んだ所は「-ajo, -ja」の項

一瞬、「ajo?あ、ニンニクのことか」と思ったけど、よくみたら最初にハイフン「-」がついてる
つまり、接尾辞なんですね。ニンニク関係ないんですが、この接尾辞が付くと、「軽蔑」の意味が込められているそうです。

ということで、この接尾辞がついている単語を少し調べてみたいと思います。

辞書の定義

辞書の定義を読んでみると、

[西和中辞典]
((接尾))「軽蔑」の意を表す名詞・形容詞語尾。→ cascajo,latinajo, pingajo.

[diccionario SALAMANCA]
-ajo,-ja suf.
Diminutivo con valor peyorativo que forma sustantivos a partir de sustantivos o de verbos y adjetivos a partir de adjetivos: miga – migaja, colgar – colgajo, espantar – espantajo, pequeño – pequeñajo.

軽蔑(peyorativo)の意味を持つ接尾辞(Diminutivo)で、あって、
名詞や動詞に-ajoをつけた場合は名詞、形容詞に-ajoをつけた場合は形容詞になる、とありますね。

例として出されている単語を、接尾辞「-ajo、-aja」がつく元の単語とついた後を並べてみると、

「-ajo」がついた単語 意味 「-ajo」がつくの単語 意味
cascajo (s.m. 破片、かけら) cascar (v. 割る、ひびを入れる)
latinajo (s.m. ラテン語まじりのスペイン語、下手なラテン語) latín (s.m. ラテン語)
pingajo (s.m. ぼろ、ぼろきれ、ほつれ) pingar (v. 垂れ下がる、ぶらさがる)
migaja (s.f. パン屑、かけら、残り物) miga (s.f. パン屑、パンの柔らかいところ)
colgajo (s.m. 垂れ下がったぼろ、ほつれ) colgar (v. つるす)
espantajo (s.m. かかし、こけおどし、脅し) espantar (v. ぞっとさせる)
pequeñajo (adv. ちっぽけな、かわいい、s. 小柄な人) pequeño (adj. 小さい)

pequeñajoなんて必ずしも軽蔑の意味ばかりではないような感じですけど、
-ajoが付く前のもともとの単語と意味を比較するとなるほどなぁ、という感じがします。
espantajo(かかし)なんてちょっと気が利いているなぁ、と感心してしまいました。

電子辞書を使って、接尾辞「-ajo」がつくほかの単語を調べてみる

他にも接尾辞「-ajo」がつく単語ってどんなものがあるのか?

と思って、電子辞書を使って調べてみました。

電子辞書で「あいまい検索」

すっかり忘れていましたが、手持ちのCASIOの電子辞書では、いわゆる「ワイルドカード検索」(あいまい検索)ができるんだったことを思い出したので以下の手順で検索!

  1. 赤丸のキーで「~」(この辞書でワイルドカードの意味)を入力
  2. jisho1

  3. 「~ajo」と入力して、語尾が「ajo」になる単語を検索
  4. jisho2

  5. 検索結果!colgajoが出てます。
  6. jisho3

多分これらも、接尾辞「-ajo」がついた言葉

というわけで、電子辞書のあいまい検索でズラッと出てきた中から、「これもそうかな?」と思われた単語をいくつか拾い集めてみました。

「-ajo」がついた単語 意味 「-ajo」がつくの単語 意味
cintajo (s.m. 薄汚いリボン、趣味の悪いリボン) cinta (s.f. リボン)
espumarajo (s.m. 汚い泡、唾液の泡) espumar (v. 泡立つ)
criajo (s.m. ガキ、子供) cría (s.f. (動物の)飼育、親離れするまでの子)
lagunajo (s.m. 水たまり) laguna (s.f. 小さな湖、潟)
salivajo (s.m. (吐き出した)つば) saliva (s.f. 唾液、つば)

いかにも「軽蔑」の意味、って感じの単語(cintajo、espumarajo、criajo)がある一方、
lagunajoのようにただ単に「小さい」って意味の単語もあり。

ところで、
薄汚い、趣味の悪いリボンってどんなリボンだ?とおもって、「cintajo」でGoogle画像検索してみたら、
なんと、登山に使うロープ、ザイルっていうんですか?の写真がたくさん出てきたのでちょっとびっくり。
スペイン語でザイルというと、cuerda de escaladaとか、soga de alpinismoのような訳語があるようなんですけど、
口語?ではcintajoとも言うのかな?命綱なのにそんな呼び名って…?!
知っている方がいたら教えてください。

おわりに

「-ajo」がついた言葉なのかどうか不明だけど、pintarrajo(s.m. へたくそな訳の分からない絵)
なんていかにも軽蔑的な単語もありました。

pintarrajar(v.塗りたくる、絵を下手にいい加減に描く)
なんて動詞もあるので、単純に、pintar(v. 絵を描く)に接尾辞「-ajo」がついて出来た単語なのかどうかは分かりません。

展覧会なんかで下手な絵を見て「ピンタラホ!」っていまいましくつぶやいてる光景が自然と浮かんできてしまった。

スポンサード リンク