[えいご]Siriに自分の発音をディクテ(書き取り)してもらう。

CATEGORY : English

TAG : , , ,

スポンサード リンク

今年の4月から聞き始めたNHKラジオ講座「攻略!英語リスニング」。半年経ってシャドウイングにも慣れてきました。

ちょっとは発音良くなった?どうなんだろ?ちゃんと英語の発音になってるのだろうか?
と気になったので、気分転換にiPhoneに入っているあの方、Siriさんを久しぶりに呼び出して、私の英語の発音を聞いてもらうことにしました。

Siriさんにディクテを頼んでみる

ということで、Siriのアクセントをイギリス英語に設定していざトライ!

1回目の挑戦

「攻略!英語リスニング」9月号のLesson21、Queen Victoriaの音声変化を書き込む部分を聞いてもらったら…
eng1

お、出だしはいいんじゃ?と思いきや、changedって言ってるのがchenge didと誤解されてます。。。

technology, society and cultureは全滅
neuroとかyou say Dとかgorgeousって何ですか???

ダーウィンが自分のSiriを公開しちゃってる(!?)とか、もう笑えてくる。

今回、一番気になってたところが、個人的に発音しずらかった「its sewers」(下水道)
それがit’s the DMVって…

2回目の挑戦

さきほどと同じ個所をもう一度トライ。またもやおかしなことに…

eng2

changedがなかなか分かってもらえないどころか、話が全然伝わってない。

the artsthe Earthにって、私、変なところで「th」の発音してるようですね。。

ダーウィンはいなくなったけど、Siriはまた登場してる、ってSiri自意識過剰なんじゃ?!

さらにヴィクトリア女王じゃなくて、Siriがインドの女帝になってしまった!!!

3回目の挑戦

どうも「Siri」という言葉を無理やり聞き取ろうとしているような気がしてきて、場所が悪いのかなと思って読む場所を変えてみました。

ヴィクトリア女王がアルバート公と結婚するくだりなんですが、「She」は「Queen Victoria」と言い換える対策も講じてみました。

eng3

が…

もう話がなんなのかさっぱり分からない結果に…

「Prince Albert of Saxe-Coburg and Gotha」の部分も、個人的にものすごく言いづらかったので、半ばあきらめてたんですが、もはや何が何だか、どこから発音のダメなところを直せばいいのかも、手がかりを見つけるのも大変だ

でも、「it was a happy marriage」
だけは聞き取ってもらえたようで。

Siriの一言、「Who, me?」が効いている。

ネイティブ発音を聞かせてみる

Siriに対してだんだん不信感がつのってきたので、ネイティブ発音を聞かせてみたらどうなのかやってみた。

これはLesson22のWedding Dressの出だし部分なんですが…

eng4

おおやはり、ネイティブの発音はやはり伝わっているのか!と思いきや、

よく見ると、「Victorian times」が「the toilet in time」…って!?

「we could just have a direct in our bed」って落ちがいいね、Siriさん。

さいごに

ちょっとは発音良くなったかな?と思って試してみたが、なんだか逆に混乱するような結果になってしまいました。

特に速いスピードで言う箇所は全然だめだというのはよくわかりました。
が、Siriはどうも自分を話題にしてほしい、っていう雰囲気を感じました。

スポンサード リンク