Ç(セディーユ)といえばフランス語と思ってたら実はスペインが生まれ故郷だった話

CATEGORY : Español, Français

TAG : , ,

スポンサード リンク

Ça va? チリメンジャコです。ひさしぶりのブログ更新です。

フランス語を始めて「Ç」(セディーユ)という文字を習ったとき、いかにもフランス語らしい、なんかおしゃれなイメージをもったものでしたが、
最近、この「Ç」が他の言語(カタルーニャ語やポルトガル語など)でも使われていると知り、フランス独自のアルファベットではなかったことを知りました。

調べてみると、(現在のスペイン語では使われてないけど)その起源はスペインにあるらしい。。。

「小っちゃなZ」が語源

「Ç」。Cの下の小さなヒゲのようなものは、フランス語では「Cédille(セディーユ)」と呼ばれてます。
生まれ故郷のスペインでは、Cedilla(セディラ)
意味は、「小さなZ」から来ています。
スペイン語ではZのことをセタzetaもしくはzedaといい、それに「より小さい」という意味を表す縮小辞がついて、
zeda(Z) + illa(縮小辞)→ Zedilla →(つづり方の法則により)Cedilla

となったようです。

この「Cedilla」という呼称は16世紀半ばから文献に表れ、フランスでは約100年遅れて「Cédille」という呼称が文献に出てくるそうです。(仏語版Wikipediaより)

でも、そもそもなぜ「Z」なのか? それは次の項へ。Ça y est?

ZからÇへ。スペインでの発生と消滅

なんと西ゴート時代までさかのぼる!

スペイン、と一口ににいってもその歴史は複雑で、かつて西ゴート王国(418年~711年)という王国がありました。
西ゴート族というのは、あの民族大移動の契機となったゲルマン系の民族です。

「Ç(セディーユ)は12世紀に一般的と化すのであるが、その原型はすでに西ゴート時代にある。
すなわち、Zの部分にCを一部分重ねて※1とし、舌尖有声摩擦音を表していた」
『スペインの言語』同朋舎出版 p35

※1(文字を打ち込めなかったので、下に手書き)
wisigothique

舌尖有声摩擦音(ぜっせんゆうせいまさつおん)って、舌先で摩擦する音?(チッ、とかツッとか?)
どんな音だったのかは想像するしかないですが、なんか、当時の音を表現するのにCとZをくっつけて使ってたようです。

CZからÇへ。11~12世紀頃

CとZのくっつけ方も、CをZの上に置いたり、下に置いたり、いろいろあったようですが、
Cの後にZを書いてるうちに段々くっついていったようです。

現代スペイン語では「lanza(槍)」と綴られる単語も、かつては「lancʒa」と綴っていたようで(ʒは西ゴート文字のZと思われる)、それが、(CZの部分だけ取り出すと)

trans

のようになってÇとなっていった模様。(仏語版Wikipediaより)
速記してたら自然にこうなりそうですね。

中世スペイン語(=中世カスティリア語)でのÇ

ところで、Çって当時どんな音を表していたかというと、発音記号的には/^の下にsがつく記号/という音で、
[ts]に近い「歯音」かつ「破擦音」だったようです。

13世紀当時は、

çibdad(町、現代スペイン語ではciudad)
braço(腕、現代スペイン語ではbrazo)
Çid (有名なエル・シドのシド)

といった単語で使われていたようです。

今では(無理やりカタカナ表記したら)、brazo(ブラソ)だけど、Çを使ってた頃はbraço「ブラッツオ」のような感じだったのかな。。。
(『スペインの言語』同朋舎出版 p69 参考)

発音が廃れて、Ç、スペインで消滅

しかし、この[ts]みたいな音も、破擦音だったのがだんだん摩擦音になっていき、16~17世紀には[θ]歯間音(英語のthみたいな音)に変化していきます。

18世紀になると、正書法ができて、[θ]はcとzで表すことになり、
eとiの前ではcを、a,o,uの前ではzを使うことになります。

çapato → zapato(くつ)
çumo → zumo(ジュース)

(『スペインの言語』同朋舎出版 p112、130 参考)

[ts]みたいな音の発音がなくなり、正書法の改訂で、18世紀には「Ç」はスペイン語から消えてしまった。

Ç、フランスで定着する

「czo」と書いていた事もあったが・・・

フランスでも、coと書くと/ko/の発音になるため、/tso/の発音を表すのに「z」を使っていたこともあったようです。

880年ごろに、フランス語で書かれた最古の詩といわれている「聖女ウーラリ賛歌」(Cantilène de sainte Eulaie)というのに出てくるらしい。
(ちなみにこのウーラリ(Eulaie。エウラリア)というのはスペインの殉教者らしい。)

(仏語版Wikipediaより)

De toute façon、どっちにしろ、フランスではÇは発生しなかったようです。

16世紀に「王室付き印刷者」により「Ç」がフランス語に導入される

フランス語にÇが導入され、普及したのは、16世紀に「王室付き印刷者」として活躍したGeoffroy Tory(ジョフロワ・トリー)という人の功績のようです。

Geoffroy Tory(ジョフロワ・トリー)ってどんな人かというと、

Geoffroy Tory(ジョフロワ・トリー)(1480:ブールジュ~1533:パリ)
フランスの印刷家、書籍の装丁家、版画家。
ブールジュで学び、1506年イタリアに留学。帰国後パリに住み、印刷や本の装丁の改革に努め、古いゴシック体に代りローマ体を普及させた。
1530年ごろフランソア1世により「王の出版家」imprimeur du roi に任命される。
その著書「シャンフルーリ」Champfleury(1529)は印刷技術の美的、科学的研究を記した古典的名著とされている。

『ブリタニカ国際大百科事典』より

「シャンフルーリ」(Champfleury)の中で、「Ç」の導入についても述べてもいるらしく、また、この人はセディーユだけでなく、アクサン・テギュやアポストロフなどの導入も行っています。

亡くなる年に出版した「L’Adolescence clémentine」(第四版)という本(詩集?第四版以前はÇは使われていない)で、「Ç」が広く普及したようです。

フランスでは最初から、「Ç」はスペインでの音([ts]のような音)ではなく、/s/の音を表すものとして使われてたみたいです。

(仏語版Wikipediaより)

イタリアでは早くから「Ç」を使ってたらしく(ただし、発音は一つではない)、これは憶測ですが、このトリーさんも、イタリアに留学した時に「Ç」を知って、こりゃ使える、と思って持ち帰ったのかもしれません。

さいごに

「Ç」というとサ行の発音、って思ってましたが、もともとのスペインでは[ts]のような音を表していた、というのが面白いですね。
そして、わざわざ文字まで発明しておいて、(発音がなくなったんだから仕方ないけど)あっさり捨ててしまっているってところも。。。なんかスペインらしいような。。。

スポンサード リンク