[スペイン語]よく見かける表現を、初心者でもサクサク読める昔話から集めてみた。その2

CATEGORY : Español

TAG : ,

スポンサード リンク

こんにちは。ちりめんじゃこ(@tirimenJ5)です。

前回に続いて、よく見かける(?)と思われる表現を拾ってみます。

verse obligados a ~』(~せざるを得ない)

verse」で「~の状態にある
obligados a ~」で「~しなければならない
あわせて、自分の意思とは関係なく「~せざるを得ない」という意味になります。

まずは「やさしく読めるスペイン語の昔話」から例を見てみます。

Hace mucho tiempo, los habitantes de Segovia tenían que recorrer un largo trecho para conseguir el agua.
Algunos se veían obligados a hacerlo varias veces al día.
遠い昔、セゴビアの住民は水を得るために長い道のりを歩かなければならなかった
中には1日に数度往復しなければならない者もいた。
(El acueducto de Segovia 「セゴビアの水道橋」p152)

veíanはverの線過去3人称複数形です。
「tener que~」も「~しなければならない」という意味ですが、「verse obligados a ~」は単にしなきゃならない、というより「せざるを得ない状況にある」というニュアンスを感じます(個人的にですが)。

続いて、NHK World Online(スペイン語ニュース 8/21付け)でも、こんな風に使われていました。

Los niños se han visto obligados a restringir sus actividades al aire libre a pesar de estar en vacaciones de verano.
夏休みなのにもかかわらず、子ども達は屋外での活動を制限しなければならなかった
(Niños de Fukushima afectada por la radiactividad se divierten en una playa de la región central de Japón)

「han」はhaberの直説法現在形3人称複数形、「visto」はverの過去分詞ということで、
時制は現在完了形になっています。

その他の単語
「restringir」制限する
「a pesar de~」~にもかかわらず

どちらの例も「したくないのにしなきゃならない」という雰囲気で使われてますね。

不規則動詞「ver」の活用形の確認はこちらで!
スペイン語の不規則動詞を時制横並びで覚えてみる! vol.6 印象的?な不規則動詞「ver」「oír」「saber」

atreverse a + 不定詞』(思い切って~する)

初級文法書ではちょっと見慣れない動詞「atreverse」。

動詞の語尾が「ver」って見えますが、「atreverse」は規則動詞です。

西和中辞典によると、

[古スペイン]traverse「危険な仕事が自分にできると思う」
[ラ]tribuere sibi「自分にできると思う」

という起源があるようです。

Como el jaguar era muy poderoso, todos le temían y ningún animal se atrevía a robarle el fuego.
ジャガーはとても力が強かったから、みんな彼を恐れ、彼のもとから火を盗み出そうとする動物などまったくいなかった。
(El dueño del fuego 「火の持ち主」p106)

「se atrevía」は直説法線過去3人称単数形です。
確かに危険な仕事を思い切ってやる、という状況で使われています。

もう一つ、ガルシア・マルケスの「大きな翼を持った老人」から。

Entonces se atrevieron a hablarle, y él les contestó en un dialecto incomprensible pero con una buena voz de navegante.
(Un señor muy viejo con unas alas enormes)

「se atrevieron」は直説法点過去3人称複数形です。
中庭で倒れていた大きな翼をもった老人を見つけ、家の人がどうしようかと恐る恐る近づいて話しかけるという場面・・・
これも思い切ってやる!という状況ですね。

atreverの過去分詞形「atrevido」は形容詞でも「大胆な、思い切った」などの意味で使われます。
(名詞として使うと「大胆な人、向こう見ずな人」)

今日のまとめ

やさしく読めるスペイン語の昔話」は初心者も気軽に読める対訳本ですが、この本の中で見た表現がニュースや他の本でも使われていたりします。

他の媒体で見かけてそのたび「?、コレ見たことあるけど・・・」となっていた表現をまとめて復習しました!

スポンサード リンク