結局、パソコンではフランス語はスペイン語キーボードで打つことにした話。

CATEGORY : Français

TAG :

スポンサード リンク

昔、パソコンのフランス語キーボードを設定したのに、対応キーがよく分からず挫折した経験を持つチリメンです。

先日スペイン語キーボードの設定を完了し、キー配置も覚えたので、フランス語のキーボードにも再び挑戦してみようと思い立ち、小一時間ほど奮闘したのですが、やっぱり挫折しました。。。

最終的に、自分としては「フランス語の入力も、スペイン語キーボードを使う」のが一番よさそうだという結果に落ち着きました。

フランス語、設定したはいいものの・・・

フランス語のキーボード設定は簡単です。
以前書いたスペイン語キーボードの追加の手順で、「フランス語」を選ぶだけ。ものの3分です。

でも、その後のキー配置の確認が大変でした。

とりあえず、今使っている日本語キーボードと配置が同じ「QWERTY」配列となる、「カナダ」を使ってみたのですが、「カナダ フランス語」も「Legacy」も「マルチリンガル標準」も、「Shift」キーや「Alt」を何回も押しているうちに配列が途中でおかしくなってしまい、混乱の渦に巻き込まれてしまいました。。。

スペイン語(スペイン)のキーボード配列ならある程度フランス語に代用できる

「スペイン語(スペイン)」のキーボードだと、近隣のヨーロッパ諸国(フランス)で使う文字もある程度使えるようになっているようです。
(チリなどの南米諸国のだと「ç」がない模様)

フランス語特有の文字には以下があります。

ただ、「スペイン語(スペイン)」のキーボードには合字の「œ」はないようです。でも、フランス語キーボードに設定しても上手く打てなかったので、こればっかりはあきらめる事にしました。。。

入力のしかた

以下Windows7、お使いのPCによってはキーの位置が違うかもしれません。その場合はスクリーンキーボードなどを参考にしてみてください。

アクサン テギュ(accent aigu) :é

「é」はスペイン語にもあるので楽勝です。

éは「け」の後に「e」のキーを押す。
Éは「け」の後に「Shiftキー」+「e」のキーを押す。

スペイン語キーボード
aiguES

対応する日本語キーボード
aiguJP

トレマ(tréma):ë, ï, ü

この記号もスペイン語にもあるので楽勝です。
ちなみにスペイン語ではこの「¨」は「crema」とか「diéresis」(分音符)と呼ばれてます。

ëは「Shiftキー」+「け」、その後「e」のキーを押す。
Ëは「Shiftキー」+「け」、その後「Shiftキー」+「e」のキー

スペイン語キーボード
tremaES

対応する日本語キーボード
tremaJP

ï,ü,Ï,Üも同様にすれば打てます。

アクサン テギュと同じキー「け」を使いますが、「Shift」を押すのを忘れずに!

アクサン グラーヴ(accent grave):è, à, ù

èは「@」の後に「e」のキーを押す
Èは「@」の後に「Shiftキー」+「e」のキーを押す

スペイン語キーボード
graveES

対応する日本語キーボード
graveJP

à,ù,À,Ùも同様にすれば打てます。

アクサン シルコンフレクス(accent circonflexe):â, ê, î, ô, û

âは「Shiftキー」+「@」の後に「a」のキーを押す
Âは「Shiftキー」+「@」の後に「Shiftキー」+「a」のキーを押す

スペイン語キーボード
circonfES

対応する日本語キーボード
circonfJP

ê,î,ô,û,Ê,Î,Ô,Ûも同様にすれば打てます。

アクサン グラーヴと同じキー「@」を使いますが、「Shift」を押すのを忘れずに!

セディーユ(cédille):ç

çは「む」
Çは「Shiftキー」+「む」

スペイン語キーボード
cedilleES

対応する日本語キーボード
cedilleJP

まとめ

アクサン テギュ(´)とトレマ(¨)「け」のキーを直前に打つ。
アクサン グラーヴ(`)とアクサン シルコンフレクス(^)「@」を直前に打つ。
両者とも、「Shiftキー」を一緒に打つかどうかで切り替わります。

また、セディーユ(ç)は専用キー「む」が割り当てられており、「ñ」「´」「ç」はこの順でキーボードに並んでいます

hikaku

結構簡単に覚えられそうです!

スポンサード リンク