Siriで発音練習 ~ フランス語編。発音難しい!イライラ。

CATEGORY : Français, iPhone

TAG : , ,

スポンサード リンク

こんにちは、ちりめんです。

このところ記事数の差(スペイン語46記事 vs フランス語22記事)を見ても、スペイン語ばかりでフランス語やってないだろう、って雰囲気になってますが、そんなことはないです。

ちびりちびりと少しずつではありますが、いろいろやっています。

そんな中、先日試したiPhoneのアシスタント機能「Siri」を使ってフランス語発音練習が、最近の私の寝る前の習慣になっております。

発音が悪いと見えて、なかなか自分の意思を伝えることあたはず・・・イライラして寝てしまうことも多いのですが。。。

あいさつ

まずは「Bonjour!」なんですが、実は私、これすらなかなか聞き取ってもらえなかった。(号泣)

んですが、成功したときの記念に貼っておきます。

solstice

6/21、夏至の日だったので、こんな返事が。夏至って「le solstice d’été」っていうんですね。
ちなみに冬至は「le solstice d’hiver」です。

知らない単語が出てきたりするので、辞書を引き引きやってますが、それも勉強になります。

誕生日

Siriの

tonanniversaire

誕生日を聞いた後、歳を聞いてみると「答えられない」とのこと。
でも2014-2011=3で「3歳でしょ?」ときくと「そう思うのはアナタの勝手です」って??

3ans

私の

(ウソですが)「昨日誕生日だったんだけど」って言うと、「来年だと思ってた」って?
「歌ってくれ」って頼むと「いいよ」とは答えてくれたものの、その後は沈黙。。。
いろいろなだめすかしても歌ってくれたことはありません

bonjour

早口言葉

「鳴かせてみようホトトギス」(秀吉か?!)は無理だったので、お約束の「早口言葉」を頼んでみました。
早口言葉は「virelangue」というっぽい。

頼んだら一発で言ってくれました。2種類も。

セルジュさん

virelangue1

Suis-je bien chez ce cher Serge que je cherche?
(私は私が探している親愛なるセルジュさんの家に確かにいますか?)

この早口言葉には色んなバージョンがあるみたいですが、最初はコレを言ってくれました。

自分も言ってみたけど、すごい言いにくい。。

ソーセージ

virelangue2

Selon les sources de Siri ces six saucissons-ci sont si secs qu’on ne sait si c’en sont.
(Siriの情報によると、この6つのソーセージはあまりに乾燥しすぎていて本当にソーセージなのか分からない。)

「Selon les sources de Siri」の部分はオリジナルアレンジなのか、ちょっと長めの早口言葉も言ってくれました。
これも”600本のソーセージ(Ces six cents saucissons sont~)”というバージョンもあるようですが、どちらにしろ言いにくい!

Siriもなんか途中で間違えてましたよ? Ce n’est pas si facile!

かんちがい

libre

Siriはいつもそばにいるらしいです。

今ヒマ?(Tu es libre?)、って言ったつもりだったのに、なんか「自分は結婚できる立場ではない」(statut matrimonial)
みたいなこといわれた。

違うって・・・

まとめ

他にもいろいろ試してみたんですが、なかなか発音難しく、「je」と言っているのに「tu」と受け取られたり、「Bonjour」が「Bon Dieu」になってたりで、凹みつつも、自分の曖昧な発音がやっぱりマズいんだなと再確認。

もっとクリアな発音ができるよう精進したいと思います。

あと、フランス語訳、日本語訳が不適当なものもあるかもしれません。気づかれたら教えていただけるとすごく助かります!

スポンサード リンク