スペイン語の不規則動詞を時制横並びで覚えてみる! vol.3 線過去以外が不規則な「hacer」「haber」

CATEGORY : Español

TAG :

スポンサード リンク

こんにちは、ちりめんじゃこです。

動詞の活用もややこしいですが、この「hacer」「haber」もcかbかだけで意味が違う間違えやすい動詞だと私はいつも混乱しています。。

どちらも頻出動詞ですが、特に「haber」
直説法現在完了、直説法過去完了、直説法未来完了、過去未来完了、接続法現在完了、接続法過去完了、でも大活躍の動詞。

これはなんとかマスターしないと・・・

「hacer」(作る、する、~させる)

hacer

  1. 直説法現在
  2. 1人称単数yoの活用だけが変則的で、あとは規則的に活用します。

  3. 接続法現在
  4. 直説法現在1人称単数の「hago」の「hag」が語幹になり、活用語尾は規則的です。

  5. 点過去
  6. 「hic~」で始まるけど、3人称単数だけ、発音は「そ」でも表記上「co」とは書けないので「zo」となります。
    ややこしい。。

  7. 接続法過去
  8. 「hicie」さえ覚えれたら活用できます。

  9. 直説法未来、過去未来
  10. どちらも語幹が「har」になります。語尾は規則活用
    「har」ってどこから出てきたんだろう。。

「haber」(~がある)[助動詞]

haber

上の「hacer」と見比べながら覚えたほうが混乱しなくていいかも。

  1. 直説法現在
  2. ひとつひとつ覚えるしかないです。。。

  3. 接続法現在
  4. 直説法現在3人称単数と同じ「hay」が語幹になっている。語尾は規則活用

  5. 点過去
  6. 「hacer」が「hic~」なら、「haber」は「hub」語尾は「hacer」と同じ。覚えやすいんだか、紛らわしいんだか・・・

  7. 接続法過去
  8. ということで語幹は「hubie」~になります。ウビエー。hacerはイシエー。。

  9. 直説法未来、過去未来
  10. どちらも語幹が「habr」になります。語尾は規則活用
    迷ったら「b」のあるほうがhaber。

複合形 ~ haberの活用を覚えたら、「○○完了」も作れる

上記の時制を覚えたら、「haber + 過去分詞」でできる6個の時制の活用もできることになります。

どんな活用かというと・・・

まずは直説法
「comer」を1人称単数で活用させてみます。

現在 ⇒ 現在完了 (he comido)
線過去 ⇒ 過去完了 (había comido)
未来 ⇒ 未来完了 (habré comido)
過去未来 ⇒ 過去未来完了 (habría comido)

そして接続法

現在⇒ ⇒ 現在完了 (haya comido)
過去 ⇒ 過去完了 (hubiera comido)

他の動詞と組み合わさって出現する要注意動詞「haber」。
これは覚えないと・・・

さいごに

ややこしい「hacer」と「haber」、線過去以外は全部不規則というイヤラシさ。
似ていて混乱しそうですが、違うところをちゃんと抑えれば、効率よく覚えられる、はず?言うのは簡単ですね。。。
それにしても、どの動詞も点過去の活用って、本当に覚えにくい!なんでこんなにバリエーション豊かなんだろう???

スポンサード リンク