2次試験(面接)不合格後に再受験で合格した私が行った仏検2級対策 ~ その1

CATEGORY : Français

TAG :

スポンサード リンク

今週末は仏検1次試験ですね。今年は私は受験しませんが、この季節になると2級を受験した事を思い出すので、自分の体験談を書いてみたいと思います。
追い込み厳しいこの数日ですが、何かヒントになることがあれば幸いです。

仏検2級を初めて受験したのは数年前の春季ですが、1次試験はかろうじて合格したものの、2次試験でコケて、秋季で2次だけ再受験してなんとか合格しました。

とりあえず試験直前ということならば~短期的な話

まず最初に・・・これは「テスト」だということを思い出す。

初めに断っておきますが、私はペラペラ話せるでもないし、スラスラ読めるとも言いがたいレベルです。残念ながら。

ここで考えておきたいのは、明らかに私よりフランス語が話せて留学経験もありネイティブの友人がいる人が1次試験に何度も落ちていた、と語っていたことです。

現場でフランス語を使う力(ここでは「実践的フランス語力」と呼びます)がある人が試験に受からなくて、私のように実践で使うことはほぼ皆無、要するに実践的フランス語力が乏しい人でも筆記試験は受かるという不思議。これは単に、

テストに慣れているかどうか

しかないと思います。

言い換えると、設問をみて出題者の意図が分かるかどうか、(こすい話ですが)ということです。(何がポイントなのかを見抜くにもそれなりの勉強は必要ですが)

設問のポイントが語彙力を測るものか、文法力を見るものかとかをちょっと意識するだけでも、正答率(と時間配分)って微妙に上がったりします。

実践的なフランス語力を試されるのは2次試験、1次試験は本当に「テスト」と割り切ってしまうのがいいように思います。

文法はおさらいしておこう

かといって試験直前でいきなり「語彙力」は増えません。こればっかりは日ごろの積み重ねがモノをいうのでコツコツするしかないです。

直前にやれて効果が見込めそうなのはやっぱり「文法のおさらい」です。文法事項なら語彙よりもチェック項目も少ないし、応用もききます。

ディクテの減点を減らす効果もあるので、手持ちの参考書でもう一度苦手なところをチェックしておくのは効果的です。

ディクテの点数をアップさせるのは鍵

ディクテは読まれた長文を書き取る問題で、1次試験でも一番攻略が大変と言われており、かつ配点も多いやっかいな分野です。

一回は自分でディクテを練習しておいたほうがいいです。というより、しないとマズイです。試験まで数日でもあれば、必ずやっておきましょう!

なぜなら、ディクテは聞きとりの力と理解力は当然なんですが、「内容を理解できただけでは得点にならない」から。綴りと文法規則も思いっきりチェックされる試験だからです。

ちなみに私は、試験までにたいした勉強はできませんでしたが、ディクテだけは何回もやりました。

同じ問題を何回もやってみるのも大切です。同じ箇所でミスをするようなら、そこは自分の弱点です。ここで発見した自分の弱点(主に文法)は、復習にとても役に立ちます。そして同じミスって本番でもやりがちです。ぜひ潰しておきたいです。

私がよくやっていたミスは、
女性形、複数形にするのを忘れる (「Elle est allée~」を「Elle est allé~」とか)
エリジオンを忘れる(「Je ne pense pas qu’il vienne」を「Je ne pense pas que il vienne」とか)

自分で作文するときはやらないようなミスだって、ディクテではやってしまうもんです。

採点は(確か)減点方式と聞いたことがあるので、間違った箇所を極力減らせればよいことになります。

減点箇所を減らすには、最後は必ず見直して、冷静な目で自分が書いた文章を文法的にチェックするのが有効です。

初めて聞く固有名詞なんかは綴りが難しいのもあるのでそこは捨てても、文法のミスは消せます

特に女性形とか複数形が男性形と同じ発音だと、自分の文法知識を活用しないと正答できないので、特に意識しておくとよいと思います。

あと、聞き取った話の全体像から、自分が書いた文章に矛盾がないかどうかも見ておくのも大切です。(音だけ書き取るのに必死になっていると、意味不明な文章になっていることがある)

ディクテは面倒くさくて初めはしんどい勉強ですが、効果は絶大なので、必ずやりましょう!そのうち慣れます。

まとめ

今日は1次試験で自分が思い出せることで、直前でもできそう?な事を書いてみました。当たり前のことも多いかもしれませんが。。

「ディクテは捨てる」という人がいますが、これはもったいない話です。少しコツが分かれば攻略は不可能ではないので、あきらめないでください。

1ヶ月後は2次試験(面接)です。これは落ちた経験があるので、何が悪かったか、何をすればよかったかが分かっている(つもり)です。次回は2次試験について書きます。

スポンサード リンク