スペイン語の序数を略語で書いてみよう。「º」と「ª」

CATEGORY : Español

TAG : ,

スポンサード リンク

スペイン語キーボードの導入&練習を始めて2ヶ月。

打ち間違いで予期せぬ文字を入力することもしばしばなんですが、その中で一番見慣れなかったのが「º」。

最初のうち「何だこれ」と思ってましたが、これって「序数標識」なんですね。

ということで、今日は序数標識と序数について整理してみたいと思います。

序数

序数とは・・・要するに「第○番目」「第△回」など、物事の順番を表します。

スペイン語の序数をおさらい

一般的に1~10までは序数(numerales ordinales)が使われますが、11以降は基数(numerales cardinales)を使います。

なので、基本的に次の10個を覚えればOK!

基数(numerales cardinales) 序数(numerales ordinales)
uno 1 primero
dos 2 segundo
tres 3 tercero
cuatro 4 cuarto
cinco 5 quinto
seis 6 sexto
siete 7 séptimo
ocho 8 octavo
nueve 9 noveno
diez 10 décimo

本当は11以降も11番目ならundécimo、20番目ならvigésimoなどあるようですが、あまり使われないようなので覚えません・・・

女性形と男性形注意点

序数は形容詞的に働くので、修飾する名詞の性と数に一致させないといけません

primero → la página primera(第1ページ)
los primeros trabajos(最初のいくつかの仕事)

また、男性形も1と3は名詞の前に来るときは「o」はとります。

tercero → El tercer hombre(第3の男)

序数標識の入力の仕方

スペイン語のキーボードに切り替えて、

スペイン語キーボード配列
ES_josu

対応する日本語キーボード配列
JP_josu

º:「半角/全角」キー
ª:「半角/全角」キー + 「Shiftキー」

を打てばよいだけです。

序数標識を使うその他のケース

quintoなら「」、quintaなら「」と打てばよいんですが、そのほかにも「º」「ª」を使う場合として、

número(番号)→ n.º
paseo(通り)→ P.º
artículo(項目)→ art.º
compañía(会社)→ c.ª
directora(女性の部長、など「~長」) → Dir.ª
profesora(女性の先生、教授) → Prof.ª

・・・・などなど、いろんな略語に使うときがあるので、覚えておいてソンはないと思います。

おわりに

スペイン語キーボードを導入して、見知らぬ記号に出逢い、今日は序数を復習しました。
ついでに、「Prof.ª」などEメールを書くときに使うことがある(かも)な略語も知りました。
キーボードからも文化を感じますね。

スポンサード リンク