busuuのフラッシュカードって意外に活用できるかも?

CATEGORY : busuu

TAG :

スポンサード リンク

ひさびさのブログ更新です。あっという間に2月もあと1日!早いっ!

最近リニューアルされたbusuuのスマホアプリですが、動作が安定してきた&使い勝手がよくなってきたためにほぼ毎日使っています。
そして久しぶりに使ってみて「このフラッシュカードって意外に使えるかも?」と見直しました!

busuuのフラッシュカードとは?

(私はbusuuは主にスマホで使っているので画像はスマホのものです。)

学習ユニットの中の「語彙」というところがフラッシュカードになっています。
単語と単語を使った例文、それに関連する写真が見れて、さらに音声も聞くことができます

frash2

真ん中のボタンを押すと音声がきけて、右端のボタンを押すと、単語を使った例文が見れます。
frash4

例文表示したところ。例文も音声がきけます。
frash5

聞き取りの強化に使えそう

スペイン語はローマ字読み、母音も日本語とほぼ同じで発音がわかりやすく明瞭なので聞き取りは英語なんかに比べたらラクだと聴いた事があり、ずっとその先入観があったんですが、最近そんなにカンタンでもないなと思っています。

いくらローマ字読みできるといっても、スペイン語はスペイン語の発音のクセ?のようなものに慣れる必要があるなと感じます。

それにはいろんなパターンの文を何度も聞いて覚えるのがよさそう。それも、最初のうちは短い文章を何度も聞くほうが初心者にはやりやすいと思いました。

たとえば、下の例文を聞くと、
frash1

Ella baila con ese grupo de ballet desde el pasado mez de marzo.

「con ese」は「コン・エセ」というよりも「コネセ」に聞こえるし、
「desde el」は「デスデ・エル」よりもむしろ「デスデル」って聞こえる。。。

最初この文章を聞いた時、聞き取れないのはスピードが速いからだと思ってましたが、同じ一文を何度も繰り返して聞くことで前置詞と定冠詞などがくっついたように発音されることに気づきました

CDやPodcastで同じ文章をピンポイントで何度もリピート再生するのはめんどくさいけど、このフラッシュカードだと再生ボタンを押すだけなので重宝しています。

ディクテーションの手始めにも使えそう

昔から「聞き取りの練習に最強」と言われている(?)ディクテーション。

ディクテーション、つまり「耳で聞いた文章を文章で書き取る」ことが完璧にできる =イコール= 「聞き取りの力」も「単語力」も「綴り」も「文法」も完璧、というわけです。

ディクテーションの効果は仏検2級の対策をした時にものすごく実感したのですが、教材を探したりや勉強時間をとるのがなかなか難しいのもまた事実・・・

最初から難しい教材に手を出して撃沈した思い出があります。。。

それにCDだと同じところを繰り返し再生するのに巻き戻しボタンあわせるのもめんどう。

でも、このフラッシュカードを利用すれば、一文ずつ文章を読み上げてくれるので、ディクテーションをお試し感覚で練習できますね。

例文もそれほど難しくないので、手始めに試してみるのにちょうどいいです。

もちろん、実際に単語を綴って書くことで単語も覚えられて一石二鳥!

さいごに

busuuの例文や日本語訳って「?」と思うものもあるんですが、(今回例に出したフラッシュカード「げんざいかんりょうけい」ですけど、例文は現在完了形じゃないですよね・・・)
やっぱり便利なところも多々あるので、上手く活用していきたいと思います。

スポンサード リンク