年初に買ったスペイン語文法書を一通り読んでみた。もやもやが少しすっきり。

CATEGORY : Español

TAG : ,

スポンサード リンク

炊飯器からさっき仕込んだ炊き込みご飯が炊けてくる匂いがしてきて気が散ってしまう・・・
くいしんぼうなちりめんしゃこです。こんにちは。

先月、今年の目標として「初級の文法書を一冊やってみる」をたてたわけですが、約1ヶ月かけて一通り読み終わることができました。

いくらこの本の文法説明が分かりやすいと言っても、私には一気に終わらせる集中力はないので、なるだけほぼ毎日1課ずつ進めるようにしたところ、さほどのストレスを感じずに読み通すことができました。
夏休みの宿題は一気にどかっと最終日にやるタイプだったのに、不思議と最近「毎日少しずつ」が苦にならなくなっているのはなぜだろう。。

それにしても、一度読んだだけではその場では分かった気になっても、全てを完全には覚えられない・・・

こりゃ復習や反復練習みたいなものが必要だなぁと思ったので、今日は「覚えるための」計画をたててみたいと思います。
ブログに書くと忘れず実行するよう自分を仕向けるので、願掛けよろしく書いてみようとおもいます。

どうやって復習するか?

自分の性格上、同じ本を繰り返し頭から読みなおすのは不可能なので、ここは付属のCDを活用しようと思います。

ちゃんと袋から出してキイテマスヨ

ちゃんと袋から出してキイテマスヨ

付属のCDは、本に出てきた例文や動詞の活用を片っ端から発音しています。このCDを垂れ流し状態にして聞いて、聞き取れないところや意味が分からない箇所から本で確認することにします。(CD→本 の逆引きイメージ)

なにごとも自分が特に関心をもっているところから始めると、飽きずに続けられる!のは経験済み。

分からない部分を少しずつ埋めていく感じで進めたいと思います。

動詞の活用をマスターしたい!

いろいろあってワケワカラン

いろいろあってワケワカラン


動詞を時制にあわせて活用する。文法で今一番なんとかしたいのはやはりコレ。

動詞の活用のしかたは一通り読みはしたものの、一度ではぜんぜん覚えられん。これは地道にやるしかない・・と覚悟を決めました。(-ー-)

いろんな方も言っていますが、動詞は活用をしつこいくらい繰り返して覚えるしかないらしいので。。。

いろんな時制と活用方法、似ているものもあれば似てないところもあり・・・一度自分で表かなんかでまとめてみたほうが分かるかなぁ、と思っています。
だいたい線過去とか点過去が出てくるページを読んだときには、現在形の活用を忘れてたりしてるので、比較しながら眺めたほうが自分的には覚えられそう

まとめ ~ やっぱり文法をひととおりやってよかったね

毎晩寝る前に、以前買った「やさしく読めるスペイン語の昔話
」という本を一話ずつ読み返しているのですが、文法を一通りやって、「お、線過去出てきた!」とか「これ点過去だったっけ」というふうに動詞の活用を意識するようになりました。

なんとなーく見たり聞いたり読んだりするより、やっぱり文法の知識が少しでもあるほうが効率的に覚えられるような気がします。

スポンサード リンク